キャンプ、キャンプ〔5日目〕

アっと言う間の最終日
c0004193_2175188.jpg「もう、だいぶ明るいぜ!散歩に行こうよ!」
とばかりテトに顔を舐められ起こされると、どうやら外は雨は上がって晴れていそうです。(喜)
「テトだって、まだ十分眠たそうじゃん!!」
テント内、YUPAの寝床の上で目覚めにパシャリ!
c0004193_218276.jpg
外に出ると、スッカリ晴れ上がっていました。これで濡れたテントやタープも乾かしてから、しまえそうです。
テトと草原へ散歩に出かけました。広大で緩やかな坂が広がる草原。雨あがりでテトもビチャビチャになりましたが十分気持ち良かったです。
そうそう、草原の上にはココのキャンプ場の売りでもあった、ドッグヤード?がありましたが、なんともお粗末で狭い囲いになっています。広大な草原を目の前にして「何なの、このドッグヤード!?」十歩も走れば行き着いてしまうような狭い囲いに何とも???これでドッグヤードに入るにはセンターハウスまで届け出してカギを借りてこないと入れません。たしか宿泊客は無料貸し出しだったようですが、日帰りで来たようなビジターさんには30分500円とかかかったような・・。
舐めているとしか思えません・・・。ココのキャンプ場を予約した時は犬連れなんで期待もしたもんですが結局、最後まで借りようとは思えませんでした。
c0004193_2181668.jpg
まだまだのんびり遊んでいたい気分ではありますが、今日の帰路はお盆ラッシュも重なり、結構な渋滞になってしまう予測・・・。午前中には撤収し、帰路に向かいたい感じです。
簡単に朝食をすませ、お片付け、テントを裏返して干し、とそれぞれが無言の内に自分の役割、撤収作業に入ります。
お片付けをしていて、ココmujiのキャンプ場の良いところがひとつ。それはゴミを分別して廃棄して帰れるところです。普通、他のキャンプ場では自分の出したゴミは持ち帰りが原則の所が多く、生ゴミなど車のトランクにしまい込むのも一難題なんです。キャンプ場で捨てて帰れるのは大変ウレシイサービスです。
c0004193_2182988.jpg無事、片付けが終り、午前中にチェックアウト、無事帰路に付くことができました。
帰りすがら、道の駅にでもよってお土産と算段しましたが、途中、地元特売店も見つけ、キャベツやとうもろこし、生野菜をたんまり仕入れてこれました。どれも皆美味で都内のスーパで買うものとは比べ様もありませんでした。
そりゃそうか!値段もメッチャ安だし、何だかウラやましい・・。
c0004193_2184151.jpg帰路もほぼ順調で、東京の出口真際に渋滞にハマったぐらいで無事帰ってこれました。
うちの愛車ユーノス500も帰路の途中で、走行9万キロを超えましたがトラブルもなくガンバってくれました。
アッと言う間の5日間、さすがに「キャンプしたぁ!」って味わいは持つことが出来ました。
帰宅して都内のマンションに入ると、なんとなくションボリ、シュールな気持ちになっていました。
アー、また行きたいです、キャンプ!


そうそう、話は変りますが、うちの車はとてもキャンプ向きとは言えないセダン車。今までのキャンプも家族3名乗車で後席も荷物を万ぱんに積み込み行っていた状態でした。増して今回は、5日間のロングステイ、衣類が増えるばかりかペットも同行だからより積むスペースが必要です。いつも同行している仲間家族にも、どうやって積んで来るの?と不思議がられているんですが、幸いなことに、大物のテーブルやBBQコンロを友人家族に委ねているのでウマく考えれば積みきれるとも楽観的に思っていました。それでも、いざ準備をした荷物の量を見ると、今までよりどうしても多い量。どうしようと?さんざん悩み考えたら、ひらめきました。トランク下に収まるスペアタイヤのスペース!(喜)フタをはずし、スペアを抜いてみると、結構なスペースじゃないですかぁ!!シュラフ2本に、エアベット2つ、空気ポンプ、下敷きシートがスッポリ収まりました。おかげでテト君を後席に積むのも余裕。我ながらイイ発見をしました。苦し紛れのスペース、でも、なかなか使えますよ。スペアタイヤを積まないのって違反なんでしたっけ?(爆)

初の無印嬬恋キャンプ場の感想。なかなか綺麗に整備されているキャンプ場でした。お盆中なこともあり、サイトは、ほぼ満杯でしたが、1サイトのスペースが十分に確保してあり、隣近所、全然窮屈感はなく、余裕な空き感さえ感じました。ペット同行がOKな区画は、受付センターハウスからは一番?遠い区画でしたが、水場やトイレは無難な距離。遠いほど高台になって行くのもあって、返ってセンターハウスから遠い方が湖や山並の眺望がきいて、気持ちの良い区画だったような気がします。ただ何をするにもお金がかかるレクレーションがあり、他のキャンプ場より出費がかさんでしまうみたい・・。(笑)そんな中でも、マウンテンバイクのレンタルは1時間¥660円と観光地?のレンタルサイクルとしては、かなり良心的な価格設定でした。他、レンタル規則は事細かに厳しく?規定されているものの、IDカードは代表者のみのチェックでOKだったり、返す時間も全くチェックせずアバウトだったり、釣り場の出入りも比較的自由だったり、実際はけっこう緩かったです。また訪れてもイイかなぁと思えるキャンプ場でした。
[PR]
トラックバックURL : https://yupa0729.exblog.jp/tb/4399117
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Tracked from INFO MUJI at 2006-09-30 00:20
タイトル : カンパーニャ嬬恋・嬬恋キャンプ場
カンパーニャ嬬恋・嬬恋キャンプ場"やわらか"キャベツをつくる、きれいな水と空気に満ちたキャンプ場。周辺にも観光スポットが。高原キャベツの産地として有名な群馬県嬬恋村のバラギ湖畔に、2004年夏、3つめの施設となる無印良品嬬恋キャンプ場が誕生しました。周囲2kmの広大なバラギ湖ではフィッシングやボートのほか、湖を巡るサイクリングやトレッキングなど多彩なアクティビティをお楽しみいただけます。センターハウスには嬬恋産の素材を使った素朴なイタリアンが楽しめるレストランも併設しています。...... more
by yupa_angle | 2006-08-15 21:05 | 楽しい旅&レクレーション | Trackback(1) | Comments(0)

狭山に引っ越しました。趣味ごとや日々感じるさまざまな徒然日記をつらつらと。


by yupa_angle
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31