He219 1/48 製作 その8

c0004193_10270028.jpg
年またぎでの製作になってしまったヨンパチウーフー。
士の字になって、つらいマスキング作業を終え、
ようやく機体塗装へ。

ダークブラウンを混ぜたチャコールブラックでつや消し度を強くし、
全面リベットを打ったパネルラインに沿って吹いていきます。





c0004193_10270386.jpg
次は、塗装劣化や表情を深く出すために、
ライトブルーやライトグリーンでムラムラに吹いていきます。

c0004193_10270615.jpg
脚カバーやフラップ、カウリングなども色が合うよう、同様にムラ塗り。

c0004193_10271042.jpg
グリーンも入れて色に奥行きを出していきます。

c0004193_10271317.jpg
上面、RLM75バイオレットグレーを下地が透けるよう、
パネルに沿って点吹きのように塗り重ねていきます。

c0004193_10271624.jpg
なかなか写真で表情まで良く写らないのですが、
上面日焼けや擦れが多そうな部分には、より薄くの要領で
上面色RLM75を重ねていきます。

c0004193_10271986.jpg
パネルごとにコツコツ、コツコツ吹いていきます。

c0004193_10272347.jpg
上面全体が吹き終わりました。

毎度のことなのですが、私は指定色のカラーのままでは塗りません。
現実のカラーにはメーカさんのカラーで、より忠実な色に近いのでしょうが、
新品卸したて!みたいにパキッとモデリングされちゃうのが、なんか苦手。
ホワイトやブラウン、黒、グレーなどで混色して
使われている遣れ感やら退色感を目指して、
ボテッと見えなくなるようにしているつもりです。

c0004193_10272790.jpg
続いて下面、RLM76ライトグレーで点吹き。

c0004193_10272994.jpg
下面は日にも当たりづらいだろうことで、
上面よりはしっかりRLM76を乗せていきます。

c0004193_10273179.jpg
水平尾翼は、氷結防止用の穴も再現しましたので、この辺りの風流、
エンジン排気流れの煤なども多そうなので
塗装遣れも強めに色を乗せて見ました。
c0004193_10273449.jpg
さぁ、初めての蛇行迷彩にチャレンジ!
RLM75の上にRLM76を細吹き、まさに蛇が蛇行するように網目のごとくコツコツ吹いていきます。

c0004193_10273643.jpg
エアブラシの圧を下げ、塗料も薄めにして吹きましたが、
物も平面ではないので大変。
なかなか根気のいる作業でした。

c0004193_10274150.jpg
ほぼ1日かけて蛇行迷彩塗り終わりました。
多少のリカバリもしましたが、色合わせが難しく、
踏ん切りをつけた方が仕上がりが良さそう。

一発勝負での蛇行塗りが基本みたいです。
0.3mmのハンドピースを使用しましたが、
もし0.2mmがあったら、もう少し楽に細吹きができるんでしょうかね?
チョイと今後の課題と興味です。
まだまだテクニックも修行が必要。

c0004193_10274391.jpg
マスキングを剥がしてコクピット周りをチェック。
だいぶイイ感じに仕上がって来ました。

形になって来て、自己テンションも上がってきます!

c0004193_10301132.jpg
オオッ、なんかウーフーっぽくなってきたぞぃ!
c0004193_10301488.jpg
デカールを貼って、いよいよ問題のエンジン組み付けに入ります。


トラックバックURL : https://yupa0729.exblog.jp/tb/29967635
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
by yupa_angle | 2019-01-07 11:06 | 模型な目 | Trackback | Comments(0)

狭山に引っ越しました。趣味ごとや日々感じるさまざまな徒然日記をつらつらと。


by yupa_angle
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31