母が旅立ちました!

c0004193_00520750.jpeg
3月18日、午前4時59分。
カミさんの母が天国へ旅立ちました。

正月過ぎに、体調を崩し入院した母。
先日は自宅にも戻れたのですが、惜しくも週末、
実の娘ふたりに看取られ、息をひきとりました。

c0004193_00524670.jpeg
うちのベランダから眺める写真二つの景色も、
本来なら母が見て来た景色。

「一度、狭山にも帰りたいわ。」
と言っていたのが叶わせてあげられず、
梅の花を届けてあげただけになってしまいました….。

でもね。亡くなった日の夜中。
早速、夢枕に母が帰って来ましたね。

私はそう言う感受性は弱くはない方で。w

カミさんと疲れきって爆睡していたのですが、
寝ている横の押入れから、何やらガサゴソ物音が…。
夢うつつに思っていると、右腕を引っ張られました。
目が覚めると、リビングの赤いソファーの前で母が立ち、笑っていました。w

そこは晩年、うちに来ると、TVを大音量でつけ、
新聞を手にして読んでいるのかと思うと、
イビキをかいて寝ている、母の定位置。

『違うわ、違うわ。』と呟きながら
ケラケラ笑って立っていました。
こうやって出てくる方々って必ず時間遊びをして出て来ます。
ユパが正気に目が覚め、時計を見ると、1234。
12時34分でした。w

恐らく、母が住んでいた頃とは
ガラリと内装も変えてしまっているので、
やっぱりうちじゃ無いわ。
と納得言っていたように聞こえました。

狭山のこのうちは、本来、母が叔母と住んでいた所。
叔母が亡くなり、母ひとりでは何かと心配。
と姉の住む横浜へ母は移っていました。
そこへ余ってるならと私ら家族が住まわせて貰っているわけです。
リフォームしてガラリと様相も変えてしまったので、
母が来ると『へーっへーっ、うちじゃ無いみたい』
と、よく言っていたわけで。

そうそう、住んでいた叔母も
たまに遊びに来ますよ。
電池の入っていない息子のラジコンを
ウィーンウィーン動かして見せたり。
イタズラ好きの叔母なもんで。

母も晩年、目が開けられなくても
病床で手を振り上げ踊って見せたり、陽気。
そうそう知れっと毒舌で陽気。
カミさんもそっくり。笑

書いているとキリないですね。
ここらへんで。

ちゃんと家も引き継いで行きますね。
たまには遊びに来てね。
どうぞ安らかに、お疲れさん!
合唱。



[PR]
トラックバックURL : https://yupa0729.exblog.jp/tb/29381196
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
by yupa_angle | 2018-03-18 04:59 | 思うこと | Trackback | Comments(0)

狭山に引っ越しました。趣味ごとや日々感じるさまざまな徒然日記をつらつらと。


by yupa_angle
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31