A3:レジン盛りのボタンシールを製作DIY

新しくしたグリルに付けるマークや、アクセントに使うアウディマークが欲しくて、レジン盛りのマークを製作しました。
c0004193_1232837.jpg

まずはオリジナルのエンブレムやカーボン地風のアウディエンブレムをMacで作図。
インクジェットプリンタで、シルバーメタリックのシールペーパーからプリントをして、
一個一個切り抜いて行きます。
シール元を並べたところで、レジンを盛りつけます。



c0004193_12323727.jpg

2液性の原液に硬化剤を混ぜて撹拌。
どうしても撹拌で泡が出てしまうので、この気泡取りが大変です。
気泡を抜くための真空機器も売っているのですが、価格が4万円とかします・・・。
にわか製作者にとっては高値。
ところが、思わぬ所で安価なキッチン用具で気泡抜きが出来る事を発見!!
c0004193_1233040.jpg

それがコレ。
手動のポンプでシュコシュコと空気を抜く、真空ストッカーです。
本当は、にぼしとか乾燥しいたけとかの保存用の容器、ソレですがな。w
c0004193_1233975.jpg

これがまた、かなりの重宝もので、中に入れたレジンの泡泡が、みるみると上方に集まり、ものの5分ぐらいで、透明な液にする事が出来ます。
まぁ専門の機器と仕組み的には同じです。わずか5~600円で購入。
c0004193_12334625.jpg

切り出したシール個々に、表面張力を利用してレジンを盛っていきます。
さすがに目分量、こぼれないように集中力がいります。
c0004193_1234411.jpg

盛りつけ終わったボタンシール。
このツルツルテカテカがシールの出来に差が出ますね。
c0004193_12342037.jpg

十分乾かして、一個一個切り出しました。
今回はベーシックの黒ベース。カーボン調地(レッド・黒)の三種類を作成してみました。
c0004193_12345091.jpg

実際に使用してみます。
ドアキーは普段、オートロックなのでキーホールは使いません。
まずは某製品にもありますが、キーホールのカバーとしてワンアクセント。
c0004193_1235688.jpg

ボタンシールを貼ると、なかなかアクセントになります!
c0004193_12352325.jpg

もうひとサイズはコチラに合わせてみました。
室内のシガレットライター。
タバコも吸わない吸わせない室内で、タバコマークがあるのが嫌いでした。
c0004193_12353966.jpg

なので、上からペタンとシール。
レッドのシールも、室内照明の赤とも連動して、とてもイイ、アクセントになりました。
c0004193_12355577.jpg

そして、フロントグリルに、オリジナルエンブレム。
通常はquattroとかS-Lineとかのエンブレムが入るのですが、うちの車はどちらも違う。
なのでオリジナルで愛車のニックネーム「ドルフィン」を製作してみました!
c0004193_12361287.jpg

折角、レジン盛り製作をしたので、某作家先生号用のホイールセンターエンブレムも増作。
YUPAの前車ユーノス500と同オーナーで、未だにユーノス500を愛し続けるK作家先生。
社外品のホイールに合うEUNOSエンブレムが無く、YUPA製のマークを施しております。
氏のオリジナル小説、ハードカバー表紙に登場するEUNOSのカッコイイ写真。
ピカリと輝くマークは、実はYUPA製。プチ自慢な経験でした。
今回は、通常の紺ベース以外にも氏の愛車カラーに合わせたグリーンカーボン地やスポーティに見えるレッドカーボン地も作ってみました。しばらく遊べそうですね。
[PR]
トラックバックURL : https://yupa0729.exblog.jp/tb/22436800
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
by yupa_angle | 2014-08-05 12:42 | 愛車 | Trackback | Comments(0)

狭山に引っ越しました。趣味ごとや日々感じるさまざまな徒然日記をつらつらと。


by yupa_angle
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31