A3:アームレストの革張り工作

アームレストの革張り工作
c0004193_2143367.jpg
ATの運転は、普段あまりシフトチェンジの必要がなくなった左手が落ち着かない(爆)
運転に慣れてくるとアームレストにヒジを掛けて、と言うのが定位置となった。
そんなアームレストに不満は無かったが、同じA3オーナー仲間のシンさんから、シルバーステッチの革張りカバーの元を譲り受けてしまいました。




c0004193_215541.jpg
折角なんで張り替えようとアームレストの外し方をアレコレと検索して調べましたが、前例が少ないのかあまり参考になるような情報が得られませんでした。なら人柱、手探りでハズすしかない!と、力わざで開けてみました。(爆)

結果、検討がわからず、フックを2カ所割ってしまいましたが、リカバリーが出来そうな程度でどうにか開けることが出来ました。

参考まで:赤丸6カ所のフックで留まっており、青丸10カ所でガム硬化ボンドのようなもので固定されておりました。(写真は上カバーを左右逆に写真を撮ってしまいました)
要領としては赤丸のフック箇所を避けながら、サイドから平ヘラの様な物を奥に差し込み、青丸の部分を意識しながら力で押し上げる。というのがハガしやすいようです。

c0004193_2154617.jpg
上フタが外れた所で、革カバーを被せてみたところ、A3SBとの記載が革裏にあったので間違いはないと思いましたが、いざパーツに当てると、かなりデカイ?
せっかくのステッチも両サイドぎりぎりに持って来てもブカブカな状態です。
ンーなんでだろう。よくよくステッチの形状を観察してみると、かなり形にも合っていない感じ・・・。今更気がついてしまいました。
c0004193_2154025.jpg
ならばと中側にアンコを足すことに。折角なんでヒジを当てた時、感触が良いように低反発のクッションを使用してみました。
c0004193_2153316.jpg
高さにボリュームが出て、今度はイイ感じに仕上げられそうです。
c0004193_2152716.jpg
もうココからは、カバー位置を確認しながら手縫いで周りを縫い上げ、コツコツ作業しかありません。
c0004193_215166.jpg
ようやく縫い上げ完成!
イイ感じにカバーが出来ました。
低反発の感触がまた程よくGood!
c0004193_215748.jpg
無事、元に戻して装着完了!
本革にシルバーステッチ、とてもグレードUP!
c0004193_2145954.jpg
こうセンターコンソールを改めて眺めると、シフトブーツにアームレスト、自作のステッチものがイイ感じに引き締めてくれています。

サイドブレーキのカバーもシルバーステッチものにしたくなりますなぁ。
[PR]
トラックバックURL : https://yupa0729.exblog.jp/tb/20857966
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
by yupa_angle | 2013-10-20 21:13 | 愛車 | Trackback | Comments(0)

狭山に引っ越しました。趣味ごとや日々感じるさまざまな徒然日記をつらつらと。


by yupa_angle
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30