長岡式バックロードホーン

またまた思わぬ物にハマり中
c0004193_1444076.jpg

事の発端は、とある理由で中古のスピーカーを買った事。残念ながらウマクはまらなかったので、結局余ってしまいました・・。
折角なんで、全くの素人なんですが自作スピーカーでも作ってみようかと、ネットを検索しました。
すると、多くの自作スピーカーをしている人のホームページから「長岡鉄男」の名前が出て来るではないですか。
「誰?」
有名なオーディオ評論家でメーカに媚びない辛口な方らしく、自らも安価に作れるスピーカーシステムを数多く設計し、名器と言われている人気のDIYユニットを数多く排出した方なのだそう。「バックロードホーン方式」というシステムの形を愛し、もうお亡くなりになっているのだが、熱狂的な信者も多いが、かなりのクセ者だったみたいで、否定論者もまた多いのだそう(笑)






フーン、「バックロードホーン」に興味が出てしまいました。
中・高音域の再生力に有利な小さなユニットを使って、低音はユニットの裏音を使い、ラッパの様な長い音道を通して豊かな音量をまかなうというもの。スピーカーシステムをラッパ状に長くするのは現実的ではないので、四角い箱の中を迷路の様に徐々に広くなっていく音道を作ってあげる。言わば疑似ラッパにするのだそう。音にクセがあるけど、ハマると小さなユニットから出てる音とは思えない表現豊かな臨場感のある音を奏でるという。
理論上の計算式はあるのだそうで、かつて色々なメーカーからもこのバックロードホーン式を出したらしいが、クセが強く、長岡氏いわく大概が失敗作だったのだそうな・・。(笑)
そのあたりがメーカも手を引くクセ物スピーカーというわけだ。しかし、彼の設計したスピーカーを自作した人達は惚れ込んでいる人が多い。そして自作したスピーカーは、最初は「失敗!!」とガッカリする様なスカスカな音を決まって奏でるのだそうだ。しかし、聞き込んでいると日が経つにつれ、音にツヤが出てきて見違える様な音に変化するんだそうな。「エージング」と言って、必ず味わう過程なのだそう。
「ン〜、メチャメチャ面白そう」
YUPAは高級オーディオを持っているわけでもないし、詳しいわけでもない・・。
それでも作って、そんな過程を味わってみたいと思ってしまった。

早速、彼の出している本を読み込んだ。解らないながらも、彼がたくさん設計したノウハウで定めた計算式を使って設計して行くと、形には出来るのである。実際の所、計算通りには音は出るわけがないそうで(笑)、推奨する値枠をはずさなければ、ある程度の修正方法もあるし、作った後の楽しみという幅があるわけだ。アハハ。
c0004193_1451418.jpg


買い込んだスピーカーユニットの音域特性は??なので、大きさからスピーカBOXサイズを割り出す計算法で設計してみた。どうしてもYUPAの目標とするサイズになかなか収まらない・・。
その都度、計算をやりなおし、サイズと値の妥協点を探しながら設計した。
で、結局5種類ぐらいは考え計算し、書いてはやり直したであろうか?(爆)ようやく自分では納得できる設計が出来ました。

フゥ〜。設計するだけでも十分以上に楽しめました。(笑)

さあぁて、実際の制作はいつしましょうかね??

かつて、あるKITメーカーのオモチャのような真空管アンプを通してipodの音源を試聴したことがあって、なんとツヤのある柔らかい音をしているのだろう!と感激したことがある。
そのアンプKITもいつかは作りたいと思っている。そんな自作のオーディオで気に入る音が出せたら、そんなに楽しいことはないだろうとワクワクしてしまうのである。
[PR]
トラックバックURL : https://yupa0729.exblog.jp/tb/12663170
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by majyo at 2009-10-18 21:40 x
あるある・・・我が家にも長岡鉄男のスピーカーの本が・・・
その昔・・・我が家の各部屋に手作りのスピーカーが設置されていた・・・
はまるとぬけだせなくなるよ・・・
また目覚め始めたオトコが我が家にもいる・・・おそろしや・・・
Commented by ane at 2009-10-19 00:58 x
我が家の昔の(つい最近まで使っていた)スピーカーは
majyo宅の「鉄男もどき」制作の作品でした。
Commented by ダイパパ at 2009-10-22 09:42 x
ダイパパことaneのani、ことmajyoの亭主です
とてもいい趣味にたどり着きましたね
作る前から楽しみいっぱい
図面が出来ると、部品集め
フォステクス(ダイパパはこれしか使わない)のスピーカーを手にするとそれだけで出てくる音を想像しちゃう
材木を切り始めたらもう止まらない
接着剤が乾くまもなく音だししたくなる
でも、木工仕事の寸法だしはじっくりするに限ります
接着剤も十分乾かし、音が出だしたら1週間はチューニング
音が落ち着くまで1ヶ月
塗装仕上げは最後の楽しみです

がんばれ~
Commented by yupa_angle at 2009-10-22 11:02
>majyoさま
アハハ、そういえばaneさん宅で聞いたことあるような・・(笑)やっぱり自作となると「鉄男」なのですね。
Commented by yupa_angle at 2009-10-22 11:04
>aneさま
アッ、そーだったんですね。私は見た事?(聴いたこと?)ありましたっけ?家のも出来てイイ音するようだったら、試聴しに持っていきましょうか?(笑)
Commented by yupa_angle at 2009-10-22 11:18
>ダイパパさま
ご本人登場でございますね。(笑)私は、ホンのかけ出しでございます・・、ぜひとも今度ご教授下さいませ。制作は年末バタバタしそうなんで来年になってしまうかなぁ・・? 先日も、オーディオマニアの友人(アルテックA5や JBLエベレストを所有していたというケタ違いのマニアさん)から、iPodの音源が素晴らしい事実を教えてもらったところです。チョット取込み方をカスタマイズするだけで、ン10万のCDプレイヤーでも太刀打ちできないスゴさみたいです。
Commented by ダイパパ at 2009-10-23 13:01 x
yupa様
製作開始までワクワクですね。
オリジナルな音が出来ると良いですね。

バックロードは16cm、12cm、10cmの3本をつくりましたよ。 それとは別に、10cmのスパイラルホーンはカントリ&ウエスタンやジャズがお得意で気に入ってました。
ane宅のは20cmのバフレスでクラッシックのオーケストラの響きが最高でしたね。
20cmバスレフと10cmのバスレフは長年の愛用でした。
現在は12cmのバックロードホーンを聞いてます。
もっぱら、PCに溜め込んで書き換えたDVDオーディオを、サウンド・ブラスターを音源に聞いています。
真空管アンプが欲しくなり、スピーカーも20cmクラスで分解能の高い音を聞きたくなりました。

ぼちぼち新しい音にチャレンジしようかな?
Commented by yupa_angle at 2009-10-26 10:24
>ダイパパさま
1.2.3.4・・6本?も作ったんですか?完全にハマってしまったのですね。(笑)
うちは置く所がないから、せいぜい小型を2本でしょうなぁ・・。でも真空管アンプ(私はキットで十分)は欲しくなるような気がしております。(爆)
by yupa_angle | 2009-10-18 14:06 | 楽しい発見 | Trackback | Comments(8)

狭山に引っ越しました。趣味ごとや日々感じるさまざまな徒然日記をつらつらと。


by yupa_angle
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30